無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
6月3日(金)KELフットサルスクール
 

お疲れさまです。

講師のはせです。

本日は10名での開催となりました。



メニュー

・アップ(ミニゲーム)

・2人1組の基礎(足裏、インサイド)

・対面パス

・4対2のパス回し(ハーフコートで)

・ボール回しからのシュート(裏を狙って)

・ゲーム(1チーム4分2本)





コメント


今日はボールコントロールと最近よく言っている、

対角線の選手がボールをもらいに動くというのを意識して練習してもらいました。


ボールコントロールは常々言っておりますが、

1日で上手くなるなんてことは絶対にありえません。



逆をいえばボールを触った分だけ上手くなるものです。


なので練習ではミスを怖がらず、どんどんボールにふれるようにしてみて下さい。




また、対角線の選手がボールをもらいに動き出す、

話をしましたが、どこのポジションの選手も常に自分がボールをもらう意識を

持ちながら動く事が大切になります。

その際にどういったボールをどこに欲しいというイメージを具体的

持てるようにしてみて下さい。





ユッキーさん

ボールを扱う時に余計な力が体に入ってしまっているので

慣れてきたら普段はリラックスして出来るようにしてみて下さい。

力を使うのは、ここぞというときだけで、その他の時はリラックスしていた方が

上手くボールを扱えると思います。




サトウさん

ブランクがあるとおっしゃっていましたが、

特にそんなことも感じられずにプレー出来ていたと思います。

あとはパスを出した後にまたパスをもらう意識、特にワンツーをしてパスを

もらうようなイメージを持って動いてみて下さい。



                     はせ
| kelfutsal | スクール活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
6月1日(水)KELフットサルスクール
 

お疲れさまです。

講師のはせです。

本日は11名での開催となりました。



メニュー

・アップ(ミニゲーム)

・2人1組の基礎(インサイド、足裏、爪先)

・1対1のボールキープ(身体を使って、前を向いて)

・4角形でのパス(対角線の選手がボールをもらいに動いて)

・ゲーム(1チーム4分4本)





コメント


今日はゲーム中の動きで対角線にいる選手がボールをもらいに

動くというのを意識してもらいながら練習しました。



途中でマーカーを使って説明しましたが、一人が動き出す事で、

周りも動きやすくなります。

また前の選手が動くとDFはそこを警戒するので横や後ろにパスが出しやすくなります。

味方からすればパスコースが沢山出来てより選択肢が増えるので

てもいいプレーだと思います。


最後のゲームではいいポジションでパスコースを作っていたので

のもらい方やポジショニングは意識して作り上げてみて下さい。




コバヤシさん

基礎技術はしっかりしているのでひとつひとつのプレーを丁寧にすることを

意識してみて下さい。

それとボールを持ってないときにいかに味方のために

いいポジションに入れるかというのを意識してみて下さい。




アッキーさん

落ち着いているときはいいプレーがしっかり出来ているので

プレッシャーがかかっているときの判断。

そして途中でもお伝えしましたが、シュートまでの

イメージを常に持ってプレーしてみて下さい。






                     はせ
| kelfutsal | スクール活動報告 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
KELフットサルスクール
 

お疲れさまです。

講師のはせです。

本日は7名での開催となりました。



メニュー

・アップ(ミニゲーム)

・ドリブル(インサイド、アウトサイド、足裏)

・2人1組の基礎練習(パス、トラップ、ボールコントロール)

・4対2、4対1(必ず2タッチ以上)

・2人1組でシュート(ボールを呼び込んで)

・ゲーム(10分1本)




コメント


今日はボールをもらうときにボールを呼び込む事を意識して練習しました。

最後にも

言いましたが、ボールをどこに欲しいのか、

というのを自分でしっかり持って、ボールを呼び込むことが大切です。

特に動きながらボールをもらう時は、

パスが少しでもズレれば相手に取られてしまう可能性が高くなってしまいます。


逆に、パスを出す人はどこにパスを出したらいいのか、

というのをイメージしながらパスをだすこと。


これが出来れば、ミスしても、今のパスが技術的なミスなのか、

意図の違いなのかというのがわかってきてより高いレベルでの練習

出来てくるのでイメージを持つ事を是非チャレンジしてみて下さい。







カトウさん

運動能力は高いので、ボールコントロール、

出来れば動きながらボールを扱えるように意識して練習してみて下さい。



ネモトさん

動きながらボールを扱う事が徐々にできてきたので、

足裏などは慣れるまではぎこちない感じだと思いますが、

ミスを恐れず、プレーを続けて下さい。






                               はせ
| kelfutsal | スクール活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5月25日(水)KELフットサルスクール
 

お疲れさまです。

講師のはせです。


今日は13名での開催となりました。





メニュー


・アップ(ミニゲーム、ゲーム)

・ドリブル(インサイド、アウトサイド、足裏)

・2人1組の基礎(足裏、インサイド)

・ワンツーからのシュート(パスの出し方を意識して)

・ゲーム(6分2本)




コメント
今日はドリブルとパスの出し方を練習しました。

ドリブルも相手を抜くというよりも横にかわす(ずらす)という意識でやってもらいました。

ゲーム中に相手を抜く事は難しくても横にずらすことはそんなに難しくありません。
またずらす事ができるとパスも出しやすくなってきます。


そしてパスの出し方もドリブルと同じ考えで、相手を体の動きでずらしてからパスを出せるようになると非常にゲーム中に役立ちます。

両方に共通してるとこはDFを騙すこと。

また、DFのポジションをしっかり見て判断することが大切になってきます。



ゲームでは全チームともいいプレーがありました。

決定的なミスもなかったのでこの調子で、

またパスを出した後に動く事を忘れずにプレーしてみて下さい。




タナカさん

基本的なプレーは出来ていたので、そのプレーの精度を高くすることと、

ボールを持っていないときにいいポジションでボールをもらうためには

どう動いたらいいかを考えて動くことを意識してみて下さい。




キヨハラさん

ボールもしっかり蹴れるし運動能力もかなりしっかりしていました

あとは細かいボールコントロール、ドリブルしているときに

DFの足の届かない所にボールを持っていけるように意識してみて下さい。



はせ
| kelfutsal | スクール活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4/6(水)KELフットサルスクール
 
お疲れさまです。

講師のはせです。

本日は9名での開催となりました。




メニュー

・アップ(ミニゲーム)

・2人1組で基礎(インサイド、足裏)

・2人1組でシュート(前の選手にあてて、落としてもらって)

・5対1のボール回し(ダイレクト)

・4対2のボール回し(ハーフコートで)

・5対5のゲーム(4対3、4対2の数的有利)

・ゲーム(1チーム4分2本)





コメント


今日もボールを持っていない時のフォローの動きを意識して練習しました。

フットサルでとても大事になってくるのですが、

常にボールをもらう意識、逆にいうとサボる事が出来ない。

という部分があります。



スペシャルな選手が味方にいればまた違うのかもしれませんが、

基本的にはボールがない時こそがんばって動いて

味方のフォローをしてあげるという意識が必要だと思います。




今日やった5対5の数的有利なゲームと同じ状況をつくる為には、

サポートの質と判断力それを実行する技術が必要になってきます。



質や判断力は経験もある程度必要になりますが、

しっかりと考えながら出来るかどうかによって延びしろが間違いなく違うので、

一つひとつにこだわってプレーしてみて下さい。






ナカガワさん


パスを出した後の意識やアイデアはとてもよかったと思います。

次はもらいにいくタイミングを意識して、

あとはプレッシャーをかけられた時にもっと自信をもってチャレンジしてみて下さい。





マッチさん


基本的な土台は素晴らしいので、パスを出すタイミング、

もらうタイミングをもっと意識してみて下さい。

味方もプレーしやすいタイミングというのがあるはずです。

フォローに入る時、パスをだす時、意識してみて下さい。




                         はせ
| kelfutsal | スクール活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4/1(金)KELフットサルスクール
 
お疲れさまです。

講師のはせです。

本日は9名での開催となりました。



メニュー

・アップ(ミニゲーム)

・対面のパス(インサイド、足裏)

・半面で4対2(オフェンスは2タッチとダイレクト交互)

・全面で8対4(サイドチェンジを意識して)

・ゲーム(1チーム6分2本)




コメント


久しぶりのスクールでした。

その中でも判断やサポートの位置には意識をしっかりと持って練習してもらいました。

ボール回しの時にもっと状況を把握して判断を早く出来るように

識していくとどのレベルにいても質を落とさずに出来るようになると思います。

またパスを出した後にすぐまたもらえるようにフォローに入れるように、

出した後も意識しましょう。




そして、最後のゲームではワンゴールにつき、

男性は100円、女性は300円を『東北、東日本大震災』の義援金に募金しました。

笑顔でフットサルが出来る事に感謝しながら皆さんに

沢山ゴールを目指してもらいました。

今後も続けていこうと思うので、皆さん沢山ゴールしちゃいましょう!






トミオさん

基礎、運動能力はとてもしっかりしているので、あとは状況を意識した判断。

と4対2の時に意識してもらった、抜けきらずにフォローに入る事を練習してみて下さい。



ショウジさん

久しぶりにボールを蹴るとおっしゃってましたが、

久しぶりの割にはしっかり動けていたと思います。

フットサルは細かい所をしっかりやらなければいけないスポーツだと思うので、

パス一つにしても味方のどっちの足に出すのかということまで意識してみて下さい。






はせ
| kelfutsal | スクール活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3/2(水)KELフットサルスクール
 
お疲れさまです。

講師のはせです。

本日は8名での開催となりました。




メニュー

・アップ(ミニゲーム)

・対面のパス(足裏、インサイド)

・4人1組でのパス(旋回)

・旋回からのピボ当て(ダイレクトで)

・ゲーム(8分2本)





コメント


今日はボール回しの形とその形からピボ当ての練習をしました。

前回もお伝えしたように4人が上手くバランス良くポジションをとることが大切になります。

人もボールも動く中で次の流れを読む事も必要になってきます。

そのためには経験も必要なので、ゲーム中はボールが次にどこに出るかというのも

予測してみて下さい。


またピボ当ての練習をしましたが、

今回特に意識して欲しかったのはピボの選手のもらい方です。


タイミング良くディフェンスの前に入ってくるように練習しました


ゲーム中に止まってボールをもらう事は難しいので、

タイミングでもらいたいポジションに入るようになれれば、

身体が大きくない選手でもうまくもらえるようになります。


これはパスの出し手の気持ちも理解しなければならないので、

簡単ではありませんが、是非チャレンジしてみて下さい。





アヤさん


パスを出そうとしている相手のDFまで見てパスを出すようにしてみて下さい。

そのDFがどれくらい近くにいるかによってパスの強弱を変えれる意識をしてみて下さい。




ラオウさん


チームのボール回しがうまくいかない時は、

自分が動いてツータッチくらいで簡単にはたいてまた動いてもらって、

というのを繰り返すように心がけてみて下さい。




                                  はせ
| kelfutsal | スクール活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2/25(金)KELフットサルスクール
 
お疲れさまです。

講師のはせです。

本日は7名での開催となりました。





メニュー

・アップ(ミニゲーム)

・2人1組の基礎練習(足裏、インサイド)

・5人1組でのパス回し(旋回)

・パス回しからのシュート(旋回の形から)

・ゲーム(6分3本)






コメント

今日は基礎と共にパス回しの形を練習しました。


今日やった4人が回るような形にしても、違う形でもボール回しの時に大切なのは、

サポートの位置とバランスがうまく保たれているかということです



ボールを持っている人からみて

一緒に攻撃のチャレンジを出来るポジションにいる人

(ボールを持っている人よりも前にいる)


チャレンジした時にボールを失ってもすぐにDFでカバー出来る人

またはチャレンジ出来なかった時にやり直すためにボールをもらう


ボールを持っているひとが選択肢を増やせるような動きが出来る人

(ボールに対して、一番遠かったり、対角線のポジションにいる選手)


ざっとわけるとこんな感じにうまくバランスが保たれていることが

ボール回しには必要になります。

もちろん皆で攻めて守らなくてはいけないスポーツなので、

誰が攻めで誰が守りなんてものはありませんし、

ボールがどんどん動くので役割はその時によってどんどん変わっていきます。


ただある程度ボール回しのパターン

(バランスの取り方)を知っているとボールの流れや

次にとるべきポジショニングが予測しやすくなるので、

その分早く判断出来るようになるでしょう。



ゲームでは何度かいい形が見られました。
練習でやった形やイメージのある形をどんどんチャレンジしてみて下さい。





オッキーさん

ボールを持っている時にスピードを上げる必要はないので、

常にコントロール出来るようなボールタッチを意識してみて下さい




ウエムラさん

ボールもしっかり蹴れているし、コントロールも出来ているので、

自信を持ってプレーしてみて下さい。

あとは全体的に少しだけプレーのスピードをあげれるといいと思います。



                                    はせ
| kelfutsal | スクール活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2/23(水)KELフットサルスクール
 
お疲れさまです。

講師のはせです。

本日は13名での開催となりました。



メニュー

・アップ(ミニゲーム)

・2人1組の基礎練習(足裏、インサイド、ドリブル)

・四角形のパス(パスを出した方に走る、逆に走る)

・1対1(サイドにフリーマン)

・ゲーム(1チーム6分2本)





コメント


今日は1対1の時のボールの持ち方や考え方、

基本的な狙いを練習しました。


ゲームで最も感じられるのはドリブルしながらパスを考えられるか

というプレーが出来る人と出来ない人の差がしっかり出てしまうなと感じました。



パスをいつでも出せる状況を作ること、

顔をあげながらプレー出来るか、などいくつもの要素が必要なので、

簡単に出来ることではないですが、普段のパス練習の時に棒立ちにならないで


ボールを左右に少し動かしながらいいボールが蹴れるように


練習するだけで必ず良くなっていきます。


よく言いますが基礎練習をいかに試合の中でのプレーと

同じレベルで練習出来るか、

がとても大切になってくるのでゲームを意識しながら練習をする事

常にイメージしておいて下さい。





コミヤマさん

試合で何本かいいパスを出されていました。

基礎練習の時にパスが来るとドタバタしぎみだったので、

常に準備しておく意識をつけてみて下さい。

ボールを持っているときの相手との距離をもっと意識してみて下さい。





タグチさん

パスを出すところまではよかったので、出した後の動き、

ワンツーを狙ったり、なるべく後ろに下がらずにパスをもらえるように

練習してみて下さい。

これは考えながらプレーしないといけないので少し難しくなりますが、

コツを掴めれば簡単になってきます。







                                 はせ
| kelfutsal | スクール活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2/9(水)KELフットサルスクール
 

お疲れさまです。

講師のはせです。

本日は9名での開催となりました。




メニュー

・アップ(ミニゲーム)

・基礎練習(ドリブル、パス)

・1対1のボールキープ(前を向いて)

・6対3のボール回し(サイドチェンジを意識して)

・ゲーム(10分1本)





コメント


今日はボールの持ち方について練習しました。

大切なのは相手との距離と、どちらにでも行ける状態を作ることです。


そして落ち着くこと



ボール回しの時に伝えましたが、

焦って練習でしたことのない、

または味方の事を考えないでパスを出したりプレーしてしまうとミスが

出てしまうのは当然です。


試合でも同じで、ミスの原因を減らしていくことが、

上手くなるための一つの要素だと思います。


ミスを少なくしようとして消極的になってしまうことは

必要ありませんが、いらないプレー(ミス)を少なく出来るように

その中でチャレンジし続けられるようにしてみて下さい。




ケンタさん

技術や運動能力は全く問題ないと思います。

ゲーム中にパスを出してとまってしまうことが多いので、

味方にパスを出したらその選手より前でボールがもらえるように動いてみて下さい。

一番分かりやすいのがワンツーでもらうような動きだと思います。




ゴトウさん

止まった状態でのフェイクは上手いので、動きの中でのフェイク、

走ってる途中で止まったり開いたりという動きを意識してみて下さい。





                                はせ
| kelfutsal | スクール活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |